正しい毛穴ケアでつるつる小鼻をゲット!洗顔をする時に気を付けたいこと

こんにちは、美容研究家のKです。

気になる毛穴の汚れを落とす方法は人それぞれだと思います。毛穴パックを使ったり、洗顔料で顔をしっかりと洗ったり…。しかしその方法、本当に正しいと言えるのでしょうか?

 

せっかくケアに時間をかけているのだったら、正しいやり方で行いたいですよね。

そこで今回は、毛穴トラブルの原因とそれを解消する洗顔方法を紹介していきたいと思います。

日々の洗顔を見直して、美鼻を手に入れましょう。

毛穴トラブルが起こる原因

そもそもどうして毛穴の黒ずみやたるみが引き起こされてしまうのでしょうか?

まずは毛穴トラブルが起こる原因について紹介していきます。

皮脂の過剰分泌

これはオイリー肌の人、乾燥肌の人、両方に言えるものです。

 

オイリー肌は分かるけど、乾燥しているのに皮脂が過剰に分泌されることってあるの?と思われる方もいるかもしれません。そもそも「オイリー肌」とはお肌の油分が多く、顔がテカテカしている状態のことを指します。

 

一方で「乾燥肌」は、お肌のうるおいが不足していて、顔がカサカサしている状態です。

一見正反対なように見えますが、実はこの2つは紙一重なんです。

 

化粧崩れをしてしまうほど顔のテカりが目立つ場合、「絶対にオイリー肌!」と思ってしまいがちですが、そういうわけでもありません。

 

なぜかと言うと、ただでさえ少ない水分の蒸発を防ぐために、お肌が皮脂を分泌するという場合があるからです。

この場合、原因はお肌の乾燥で、状態としては「内部の水分が少なく、表面の油分が多い」ということになります。

 

もちろん純粋に元からお肌の油分が多いという場合もあるでしょう。

お肌がテカテカしてくると、油とり紙などで油分を抑えたくなるものですが、やりすぎはまた乾燥を招いてしまうため、逆効果です。

 

いずれにせよ、皮脂が過剰に分泌されると毛穴が開いていってしまい、そこに角栓が詰まりやすくなってしまいます。

角栓の酸化による黒ずみ

よく鼻に黒いボツボツがある状態を「イチゴ鼻」と言いますよね。

 

そのイチゴ鼻の原因は、皮脂の過剰な分泌によって開いた毛穴に詰まった角質が、空気に触れて酸化したことによるものです。

 

さらにこの角栓は毛穴の入口付近にできているため、化粧水などで毛穴のケアを行っても、なかなか浸透しない状態になっています。

老化によるもの

「老化」もまた、毛穴のトラブルの原因の1つなのです。

年を重ねるにつれ、重力に負けてお肌の皮膚がどうしても下がっていってしまいますよね。すると同時に毛穴もどんどん開いていってしまうのです。これが「たるみ毛穴」と呼ばれるものです。

 

たるみ毛穴の特徴としては、毛穴がしずく型になっており、皮膚をひっぱると毛穴が目立たなくなる、ということが挙げられます。

先程も述べた通り、原因は年を重ねたことによるものです。

 

30代あたりから目立ち始めるため、たるみ始めた皮膚をそのままにしないなどの注意が必要です。

毛穴が開いたままになっている

毛穴の開きの原因はいくつか考えられます。

先程の老化もあれば、ケアのしすぎ、乾燥によるもの、肌が形状を記憶したなど様々です。

 

まず、毛穴が開いたままの状態とは、”何かが詰まっているわけでもなく、ただ毛穴が開いている”ことを指します。考えられる要因は複数ありますが、主なものとしてはやはり「乾燥」です。

 

お肌にうるおいがなくなって乾燥状態になると、お肌はキュッと縮むため、引っ張られた毛穴は開いてしまいます。

他にも「ターンオーバー」がうまくいかないことも原因の1つです。

お肌の表面の層のことを「角質層」と言い、その奥の層のことは「基底層」と言います。ターンオーバーとは、基底層で新しい肌細胞ができる→その新しい肌細胞が古い細胞を肌の表面に押し出す→最終的に古い細胞が垢になるというサイクルのことを指し、人にもよりますがだいたい28日周期で行われます。

 

しかし乾燥などで角質が剥がれ落ちていってしまうと、お肌はまだ未熟な状態の角質を上に押し上げてしまいます。

 

これではお肌が正常には機能することはできず、余計に肌トラブルを悪化させてしまい、結果毛穴の開きにつながってしまうのです。

正しい洗顔方法とは??

それでは、このような毛穴トラブルを防ぐためにはどのような洗顔を行えば良いのでしょうか??

①手を洗う

ご存知の通り、手には目には見えない汚れが沢山ついています。

そのままの状態ではうまく泡立てることが出来なかったり、手についた雑菌がお肌について肌荒れを引き起こしてしまう可能性もあります。

 

洗顔前は、まずはしっかりと手を洗いましょう。

②ぬるいお湯で顔を濡らす

泡をつける前に、ぬるま湯で顔を濡らしておきましょう。そうすることで簡単に汚れを落とせるだけでなく、洗顔料が泡立ちやすくなります。

③洗顔料を泡立てる

しっかりとモコモコになるまで泡立てましょう。あまり泡立っていない状態でゴシゴシと擦ってしまうと、お肌にダメージを与えてしまいかねません。

④泡をたっぷりとつけて洗顔する

モコモコの泡を顔につけて洗顔を行います。

その際は、初めにTゾーン(おでこ・鼻)から洗いましょう。皮脂の分泌が多い場所です。おでこにたっぷりと泡をつけたら、こめかみまで広く洗って、その後に鼻にも泡をつけて優しくクルクルと洗います。

次はUゾーンと呼ばれる頬と顎を洗いましょう。Tゾーンよりは皮脂の分泌が少ないため、ここは撫でるように洗うだけで大丈夫です。

 

最後に口や目の周りを洗います。皮膚が薄いので、泡はのせる程度にしておきましょう。

⑤すすいだ後はタオルで水分を抑える

泡の流し残しが無いように、30回ほど顔をすすぎます。このときも擦ったりはせずに、水をかけるだけというイメージで行うと良いかもしれません。

 

その後は清潔なタオルで水分を抑えましょう。ゴシゴシと擦ってしまいがちですが、それは行わないように注意してください。

洗顔でも毛穴ケアはできる

いかがでしたでしたか?

毛穴ケアというと様々な方法を試したくなってしまいがちですが、洗顔でも毛穴ケアをすることはできます。ただ、当たり前ですが数回で改善することはありません。毎日続けることが大切です。

 

正しい洗顔方法で毛穴トラブルを防ぎましょう。