【予防】毛穴のたるみを未然に防ぎたい人がやるべきスキンケア方法とは?

こんにちは!美毛穴同好会Jです。

今回は毛のテーマは穴のたるみについてです。

 

毛穴がたるむと、小さいはずの毛穴がかなり目立ってしまいます。常に綺麗でいたい女性なら、そんな目立つ毛穴になってしまうことは何としても防ぎたいですよね!毛穴をたるませないためにはどうしたら良いのでしょうか?将来毛穴をたるませないために、今から出来るスキンケア方法をご紹介します。

保湿を心掛けて毛穴のたるみ予防

肌が乾燥することで、頬にたるみが生まれ毛穴がたるんでしまいます。また、毛穴がたるむ以外にもシワやシミが出来たり他の肌トラブルが起こる可能性があります。そこで、毎日のスキンケアでは保湿をしっかりと行い肌が乾燥しないように心がけましょう。

 

肌の乾燥は、皮脂の分泌量が少なくなり肌のバリア機能が上手く働かなくなることで起こります。そのため、乾燥肌になると紫外線や細菌などの外敵が肌に侵入しやすくなります。

 

そのような刺激を受けることで肌のターンオーバーは乱れ、肌トラブルがおきてしまうのです。肌のターンオーバーが正常に働くことで、肌はツヤや潤いを保ち健康的な状態を維持できているのです。

 

また、乾燥することで肌は危機感を感じます。体は肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌させてしまうので、オイリー肌のような状態になります。ですが、肌の内側は乾燥しているので「インナードライ」という肌状態になるのです。

 

間違ったスキンケアを続けていたり紫外線を沢山浴びることで、肌は乾燥を助長させたり毛穴の詰まりの原因となります。毛穴の詰まりも毛穴をたるませる原因となるので、乾燥を防ぎ、肌にとって良い状態を維持することが大切です。

栄養バランスを意識した食生活

偏った食事を続け、栄養のバランスが崩れると体調不良や肌トラブル、老化促進などを招いてしまいます。特に油分や糖分が多いような食べ物を多く摂取していると、栄養は偏って肌に悪影響を与えてしまいます。

 

ファストフードやコンビニの弁当、スナック菓子などは味付けが濃く、カロリーが高いものが多いです。手軽に取り入れることが出来るので便利な食べ物ですが、体を老化させる原因にもなるでしょう。栄養バランスを意識した和食を心掛け、野菜や魚を多く摂取するようにしましょう。

 

また、食べ物で補えないような栄養素はサプリメントなどで工夫して取り入れることもお勧めです。

充分な睡眠を心掛ける

夜更かししていたり、眠りが浅くなると睡眠時間が充分にとれず、肌のターンオーバーを乱す原因となります。睡眠中が、一番成長ホルモンを分泌させると言われています。その睡眠時間が短くなることで、成長ホルモンが上手く促進されずターンオーバーが正常に働かなくなるのです。

 

ターンオーバーが乱れると、ニキビや吹き出物が中々治らなくなったり、様々な肌トラブルがおきる原因となります。ターンオーバーが乱れると毛穴も正常に働かなくなるので、皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなることも考えられます。また、肌表面に古くなった角質が溜まり肌を暗くさせくすみが起こる原因にもなるでしょう。

 

美肌を維持するためには、遅くても日付が変わる0時前に眠ることを心掛けましょう。また、良質な睡眠をとるためには寝る前にスマホやパソコンを使用することを控えましょう。スマホやパソコンを使用すると、脳が眠るモードから興奮状態に陥り目が冴えてしまったり、睡眠が浅くなることにつながります。

 

良質な睡眠をとるには、寝る前に好きな香りのアロマオイルを炊いたり、ゆったりした気持ちになるような音楽を聞いたりすると良いでしょう。また、寝る前にお風呂にゆっくりと入り体を温めることも効果的です。

表情筋を鍛える

顔の表情を作る表情筋という筋肉が弱くなると、肌のハリや弾力が失われ顔がたるむ原因となります。顔がたるむと毛穴も同じようにたるんでしまうのです。

 

小さく目立たなかった毛穴も顔のたるみとともに広がり、頬などに大きく目立つ毛穴が出来てしまうのです。表情筋は加齢とともに力が弱くなり筋力が低下してしまいます。ですが、表情筋を効果的に動かし鍛えることで肌もハリが生まれ、毛穴も引き締まる効果が期待できるでしょう。

 

また、普段あまり表情が変わらないような無表情の方は表情筋が衰えるのも早くなります。表情筋を鍛えて、顔のたるみと毛穴のたるみを防止しましょう。筋肉はいくつからでも鍛えることが出来る部分なので、手をかければかけたぶんだけ効果が現れるでしょう。表情筋のエクササイズをご紹介するので、毎日のスキンケアに加えて顔を鍛えていきましょう。

【表情筋を鍛えるエクササイズ】

  1. 口を軽く閉じたまま左右に動かします。これを5回繰り返しましょう。
  2. 次に顔全体を思い切り縦に伸ばし、驚いたような表情をします。目は大きく見開き、口は縦方向に大きく開きます。
  3. 大きく伸ばした顔を真ん中に寄せ集めるイメージで思い切り縮めます。酸っぱいものを食べたときの顔をイメージしましょう。この顔を伸ばして縮める表情を10回ほど繰り返します。

表情筋を鍛える顔のエクササイズは、初めは痛さを感じるので回数をこなすことが難しいかも知れません。ですが、それは普段から表情筋を沢山使っていないことが原因と言えます。

 

顔のエクササイズを続けることで、顔の痛みがなくなって回数を増やすことが出来るでしょう。

 

表情筋を動かすことで、顔が表情豊かになります。普段無表情になっていることが多いという方は、まずは口角を上げることを意識してみましょう。口角が常に下がっていると、不機嫌に見えたりあまり良い印象が持たれないでしょう。口角が下がったまま生活していると、ほうれい線の原因になったり二重あごにつながることが考えられます。

 

毛穴のたるみと同時に顔の老化を防ぐためにも、表情筋を意識的に鍛えて筋力をアップさせましょう。

事前に予防することが肌トラブルの防止につながる

毛穴のたるみは、加齢だけが原因ではないので日頃から毛穴がたるまないように予防することが出来ます。一度広がってたるんでしまった毛穴は、短期間で改善することは難しく、時間をかけて徐々に元の状態に改善しなくてはいけません。

 

将来後悔しないためにも、早めに対策をして肌トラブルの予防に努めましょう。

 

美毛穴同好会Jはこれからも毛穴のたるみを予防できるように、毛穴について勉強していきたいと思います!