「たるみ毛穴」は今日から改善!これ以上悪化させないために

こんにちは、毛穴研究員みかんです。

 

ただ毛穴が開いている状態とは違う「毛穴のたるみ」。

 

原因は肌の老化によるもので、30歳を過ぎたあたりから目立ち始めると言われています。毛穴がしずく型になっている、2本の指で肌をひっぱると毛穴が消える、という人はたるみ毛穴の可能性が高いです。

 

これ以上に悪化させないために、今日から行っていきたい解決法を紹介していきます。

そもそも毛穴がたるんでしまう理由とは

冒頭でも述べた通り、たるみ毛穴の原因は「老化」によるものです。

 

年を重ねるにつれて、重力に逆らえなくなったお肌の皮膚はどんどん下がっていきます。

 

しかしたるむのは皮膚だけではありません。このたるんでしまった皮膚をそのままにしてしまうと、毛穴も同様にたるんでいってしまうのです。ではこのたるみ毛穴を悪化させないためにはどうすれば良いのでしょうか??

たるみ毛穴を解消する方法とは

それでは、たるみ毛穴を目立たなくする方法についてご紹介していきます。

食事

お肌を老化させているものの1つとして「活性酸素」というものが挙げられます。

 

この活性酸素は細菌を攻撃するなど、体にとって良い働きをしてくれるものです。一方で、増えすぎてしまうと逆に細胞を傷つけてしまい、老化を早める原因となってしまいます。

 

しかし、抗酸化作用のある食べ物を摂取することで、この活性酸素の働きを抑制することができるのです。

 

抗酸化作用のある食べ物としては、β-カロテンが含まれているニンジンやほうれん草、ビタミンCが豊富なレモンやイチゴ、イソフラボンが含まれる大豆食品などが挙げられます。

 

糖質が多く含まれるアルコールなどはお肌のためにもなるべく避けるようにしましょう。

 

洗顔

毛穴の汚れが目立ってきたときは、洗顔でなんとか改善しようとすることが多いかと思われます。しかし、汚れを落としたい一心でゴシゴシと擦ってしまうのはNGです。

 

洗顔料を使って洗顔をする際は、泡をきちんと泡立てて、優しく撫でるようにして洗っていきましょう。

 

また、洗顔の回数は1日に1回、多くとも朝晩の2回程度で構いません。なぜならば、洗いすぎると必要な油分も洗い流してしまい、乾燥を引き起こしてしまうからです。

 

洗顔を終えた後にタオルで顔を拭くときにも注意が必要になります。ここでも擦らずに、あくまでも「顔についた水分を抑える」というイメージで拭くようにしましょう。

擦りすぎは肌トラブルの原因となってしまいます。

保湿

年齢にもよりますが、40歳を過ぎている場合は特に「保湿」に力を入れるようにしましょう。

 

今まで保湿なんて全然気にしていなかった!という方は、基本的な保湿さえ行うようにすれば問題はありません。また、保湿で対策をしてきたという方は、今まで通りの保湿対策を続けて下さい。

 

それでも物足りないという場合は、化粧水や乳液に加え、美容液なども使うようにすると良いでしょう。保湿に関しては、特別何かやりましょうということはありません。

紫外線

紫外線の浴びすぎは、日焼けだけでなく様々な肌トラブルの原因となります。繰り返すようですが、毛穴の開きの原因は「お肌のたるみ」です。

 

まず、紫外線を浴びるとお肌の潤いが奪われてしまいます。それだけでなく、紫外線が真皮層まで届くことでコラーゲンが破壊されてしまい、お肌の弾力が低下してしまうのです。そしてその結果、お肌が老化して、たるみを引き起こしてしまいます。

 

たるみ予防はもちろんのこと、シミをつくらないためにも、日傘を利用する、日焼け止めをこまめに塗る、などして紫外線対策を行うようにしましょう。

女性ホルモン

加齢にともない女性ホルモンが減少していってしまうと、お肌にも影響が出てきます。特に40代に差し掛かると一気に女性ホルモンが減っていってしまうため、突然お肌が乾燥しやすくなった!ということもあるかもしれません。

 

乾燥肌は毛穴のたるみの原因となってしまいます。女性ホルモンを減少させないためにも以下のことに気を付けましょう。

①睡眠をしっかりととる

仕事が忙しくていつも寝足りない…という方は多いのではないでしょうか。しかし、睡眠不足はその日の活動だけでなく、女性ホルモンにも影響を与えてしまいます。

 

そのため、余裕がある場合は8時間、ない場合は時間は短くとも質の良い睡眠をとることを心がけましょう。軽く運動をしたり、日中に日光を浴びるようにしたりすることで眠りにつきやすくなります。

②ストレスを溜めない

他人や仕事と関わっている以上、切っても切り離せないのがストレスです。しかしこれも溜め過ぎはよくありません。なぜなら、ストレスが溜まると交感神経が発動してしまい、その結果ホルモンバランスが乱れてしまうからです。

 

ストレスの対象となるものと距離を置く、あるいは自分なりの発散法を見つけるなどして溜め込まないようにしましょう。

③体を冷やさないようにする

冷えは女性の天敵です。体が冷えることによって血液の循環が滞ってしまうと、女性ホルモンの分泌が減少してしまうことがあります。

 

対策としては、冷え性を改善する食べ物を摂取する、半身浴をして体を温める、薄着をしないようにするなどが挙げられます。また、マッサージなどで血行を良くするのも良いでしょう。

④適度な運動をする

運動は「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌を増やしてくれる役割があります。日々の生活にスクワットやジョギングなどの運動を取り入れるようにすると良いでしょう。

 

運動をする時間がないという方や、続けられる自信がないという方は「1駅分だけ歩くようにする」「階段を積極的に使うようにする」など、日常の行動を少し変えるだけでも大丈夫です。

 

過度な運動を続けるのは逆に疲労につながってしまうこともありますが、適度な運動を取り入れることで女性ホルモンの分泌を整えることも大切です。また、女性ホルモンと似たような働きをする大豆やフルーツなどの食べ物を取り入れることもホルモンバランスの乱れの改善につながります。

気付いた時が始めどき

ケアももちろんですが、このように生活習慣を見直すことも、たるみ毛穴を卒業するためにも大切なこととなります。早めの実行で、たるみ毛穴を卒業しましょう。

毛穴研究員みかんでした。