【たるみ毛穴対策】迷ったらこれを選べ!たるんだ毛穴に効く成分まとめ

皆さんこんにちは!

毛穴ネタを中心に書いている美容ライターのRです。肌トラブルの中でも毛穴のトラブルに悩む方が多いように感じます。

突然ですが、皆さんは今の自分の毛穴に満足していますか?

 

健康的で引き締まった毛穴なら誰もが満足していると思います。ですが、毛穴の開きやたるみ、詰まり、角栓、黒ずみなどの毛穴トラブルを抱えている方は、満足どころか不満でいっぱいなのではないでしょうか。

 

中でも、大人女子を悩ませる「たるみ毛穴」は、どのようなケアが効果的かわからず、そのまま放置しているという方も多いと思います。

 

そこで、スキンケア商品を選ぶ際に使える「たるみ毛穴に効果的な美容成分」をご紹介します!毛穴の引き締まったキメ細かい美肌を手に入れたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

たるみ毛穴の原因

毛穴が大きく開いたまま戻らず、涙型に広がり、下方向に垂れ下がった毛穴を「たるみ毛穴」と呼びます。

 

たるみ毛穴は、加齢や紫外線によるダメージ、乾燥、フリーラジカルによる錆びつきなどいくつもの原因で引き起こされます。

このような原因によって、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンが減少し、肌の持つ水分保持機能が劣化し、肌表面のハリを保つことが出来なくなります。

 

すると、ハリを保てなくなった肌が重力に負けてどんどん垂れ下がり、肌と一緒に毛穴までたるみ、楕円型に開いたたるみ毛穴ができます。

たるみ毛穴が悪化すると…

たるみ毛穴を早めに改善せずに放置すると、帯状毛穴という症状になる場合があります。

 

帯状毛穴とは、たるんだ毛穴と毛穴が小じわによってつながり、深い大きなしわになる状態を指します。

 

帯状毛穴は深いしわのように目立つため、ひとつでも出来ると見た目年齢を一気に引き上げてしまいます。この帯状毛穴に進行すると、セルフケアでは改善が難しくなるため、たるみ毛穴を見つけたら早めにケアすることが大切です。

 

自分の毛穴がたるみ毛穴かどうかわからないという場合は、こちらのチェック表を参考に、毛穴の状態をチェックしてみてください!

 

  • 頬や鼻の横を中心に、縦長で楕円形の毛穴が目立つ
  • 肌を少し上に引き上げると、毛穴が見えにくくなる
  • 髪を結んだりこめかみを斜めに引っ張ると、顔が若々しく見える

 

このチェック表にひとつでも当てはまるものがあれば、あなたの毛穴はたるみ毛穴の可能性が高いでしょう。

たるみ毛穴に効果的な美容成分とは?

たるみ毛穴を引き締めるには、肌に潤いを与える保湿成分の入った化粧品でケアすることがおすすめです。

 

そこで、たるみ毛穴におすすめの美容成分をいくつかご紹介します。たるみ毛穴をケアする化粧品を選ぶ際は、ぜひご紹介する以下の美容成分に注目してみてくださいね!

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、抗酸化作用や新陳代謝を促す作用、また、できてしまったメラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌を調節する作用、ごわついた肌をなめらかにする作用などさまざまな働きがあります。

 

さらに、ビタミンC誘導体は、分子が小さくなって浸透しやすくなっているので、真皮まで届き、コラーゲン生成に働きかけるという効果が期待できます。

 

たるみ毛穴のほかにも、シミやしわ、肌のたるみなどさまざまなトラブルの改善が期待できる成分です。

APPS(アプレシエ)

APPS(アプレシエ)とは、リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を加えたもので、今までのビタミンC誘導体より機能性の高い特徴を持っている成分です。

 

APPSは肌に塗るだけで高い浸透力を誇り、従来のビタミンC誘導体と比べると約100倍もの浸透力があると言われています。

 

また、今までのビタミンC誘導体と同じで、たるみ毛穴やニキビ跡のケア、シミ、くすみ、しわなどに効果的です。

フラーレン

フラーレンとは、ビタミンCの120〜200倍ともいわれる強い抗酸化力を持つ成分です。

この抗酸化作用によって、体を錆びつかせる活性酸素を取り除き、様々な肌トラブルを改善へと導きます。また、フラーレンの抗酸化力は一般的なものよりも強力で、安定した持続力が見込めるでしょう。

 

たるみ毛穴ができる原因の一つに、紫外線と乾燥があります。

 

肌は、紫外線を浴びることで活性酸素が発生します。活性酸素は、肌の弾力やハリを支えているコラーゲンの分解を促進し、毛穴や皮膚のたるみ、シワなどを生じさせます。活性酸素を除去することは、毛穴たるみやシワの予防・改善に役立つのです。

EGF(上皮成長因子)

EGF(上皮成長因子)とは、肌表面にある細胞の成長と調節に重要な役割をする53個のアミノ酸と、3つの分子内結合で形成されるタンパク質であり、アメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士が1962年に発見した成分です。

 

EGFは人間が本来持っているタンパク質なので、唾液や母乳などにも多く含まれています。

 

元々は、火傷や傷などを負った肌の皮膚再生医療や皮膚移植、角膜切開による傷の回復促進など医療の分野で使われていた成分です。

 

EGFは、肌を若々しく保つ人成長ホルモンを活性化し、たるみ毛穴、シミやくすみ、たるみ、しわなどの肌トラブルを改善し、健康的な若々しい肌へと導いてくれます。

 

また、化粧品の成分表示には、ヒトオリゴペプチド-1というEGFの正式名称が記載されています。

プロテオグリカン

新しい美容成分として注目されているプロテオグリカンは、保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲンの生成や働きを促すだけではなく、プロテオグリカン自体も高い保湿力を持っています。

 

また、プロテオグリカンの保湿力はヒアルロン酸の130%と言われており、水分保持力がヒアルロン酸やコラーゲンより優れていることから、肌弾力の低下にも高い効果が期待されます。

 

プロテオグリカンは、弾力を失ったたるみ毛穴が気になる肌に効果的です。

まとめ

いかがでしたか?

 

肌老化のひとつでもあるたるみ毛穴は、見た目年齢を一気に上げる厄介なトラブルです。一度できると、改善が難しいように感じますが、毎日のスキンケアで徐々に改善することができます。

 

ぜひ、ご紹介した美容成分の入ったスキンケア商品で、引き締まった若々しい毛穴を手に入れてくださいね!