毛穴パックは危険!?毛穴パックによって起こるトラブルと注意点

こんにちは!美容研究家のKです。

 

プチプラでだれもが手にすることができ、気軽に毛穴の角栓を取ることができると大流行した毛穴パック。使用したことがあるという方も多いのではないでしょうか。私も毛穴が目立つのがコンプレックスだった頃に、毛穴パックの知識がないまま何度か使用したことがあります。

 

毛穴の角栓が取れるのが目に見えるので、その時は感動してごっそり取れることに快感すら覚えましたが、お肌に負担になってしまい毛穴を開く原因にもなるという毛穴パックの危険性を知ってからは、使用を控えるようになりました。

 

お肌にダメージを与えてしまう危険があるということを知らずに使用し続けている方は、かえって皮脂を増加させ、毛穴のケアのはずが逆効果になってしまうかもしれないということを知る必要があります。

 

角栓が抜けた後に毛穴がなかなか閉じないということになってしまうと、細菌が入りやすく肌のトラブルにも繋がります。取り返しのつかない状態になってしまう前に、正しい知識を身に付け安全な毛穴ケアに切り替えましょう。

毛穴パックとは?

 

 

毛穴パックと呼ばれるものには主にシートタイプと洗い流して使用するタイプの2種類があります。

 

シートタイプの毛穴パックは、まず清潔な状態のお肌の気になる部分を水で濡らし、そこにシート状のパックを貼り、乾燥するまで待ってから剥がすというものです。

 

強い粘着力があり吸着性が高いので、うぶ毛や毛穴の汚れ、角栓をしっかりとキャッチすることができます。

 

そして洗い流すタイプはクレイパックが一般的です。毛穴に詰まった汚れを除去し、洗浄効果や殺菌作用、抗炎症作用が毛穴に働きかけます。

 

顔全体にも部分的にも使用することができます。剥がすタイプではないので、シートパックのようにベリッと剥がすときに感じる刺激はありませんが、洗い残しがないように注意する必要があります。

剥がすタイプの毛穴パックの危険性

 

貼って剥がすシートタイプの角栓オフパックを使用したことがある方はご存知かと思いますが、乾燥させて剥がすので、お肌が引っ張られて痛みを感じることもありますよね。

 

その時はすっきりした気持ちになりますが、実は毛穴パックは思わぬ危険を秘めているのです。

必要な角質まで剥がれてしまう

貼って剥がすタイプの毛穴パックは、とても粘着力が強く強力です。乱暴に剥がしてしまえば、皮膚めくれを起こしてしまうことすらあるのです。

 

適切な力加減で剥がすことができたとしても、毛穴の中に溜まった皮脂や老廃物などの汚れだけでなく、潤いを保つために必要な分の角質まで剥ぎ取られてしまいます。

 

お肌の表面にある角質は、本来であれば不要な分はターンオーバーで自然に剥がれ落ちていくものです。しかし毛穴パックを剥がすことによって必要な角質が失われてしまう為、外部からの刺激からお肌を守ることができない状態になってしまいます。

 

さらに角質はお肌の持っている水分が蒸発しないように蓋をする役割も果たしています。しかし必要な角質が剥がされてしまった状態では乾燥を防ぐことができないのです。

 

毛穴パックを剥がすことによる刺激はもちろんお肌のダメージですが、シートを剥がした後のお肌は肌荒れを起こしやすく、赤く炎症してしまうことや、かゆみを引き起こすなどの様々なトラブルを招くのです。

 

特に元からお肌が敏感な方は、シートを剥がしたときの刺激によってすぐに炎症を起こしてしまうことがあります。

過剰に皮脂が分泌され毛穴が広がり開いてしまう

毛穴パックによって角栓が取れると、皮脂が不足してしまいます。必要な皮脂が失われて乾燥してしまった状態では、お肌の潤いを保とうとする働きによって皮脂が過剰に分泌されていきます。

 

皮脂の過剰分泌は、テカリやニキビだけでなく毛穴が広がってしまう大きな原因となります。

 

短期間のうちに毛穴パックを繰り返してしまうと、最悪の場合は皮脂が過剰に分泌され毛穴が広がるという悪循環に陥り、結果的に汚れが溜まりやすくなったイチゴ鼻になってしまいます。

 

頻度に注意して使用していたとしても、毛穴パックで角栓が取れた状態の開いた毛穴をそのまま放置してしまえば、ぽっかりと開いた毛穴にまた汚れや古い角質、細菌などが入りやすくなってしまいます。

 

酷い場合は炎症を起こしたり、化膿してしまうなど深刻な肌トラブルに陥ってしまうのです。特にお鼻は皮脂ぼ分泌量が多く皮膚も薄い為、大きなダメージになってしまいます。

 

このようにお肌に大きな負担を掛けてしまう剥がすタイプの毛穴パック。使用するのであれば慎重に行いたいものです。

毛穴パックを使用する場合の注意点

 

剥がすことによって必要な角質や皮脂などを無理に剥がしてしまう危険な行為ですのでおすすめはできませんが、上記の危険性を踏まえた上で、どうしても毛穴パックをしたいという方には注意して頂きたいことがあります。それがターンオーバーです。

 

毛穴パックを使用した際は、強い力で必要な角質が剥がれて潤いが奪われることによってお肌の細胞が生まれ変わるサイクルであるターンオーバーを崩してしまいます。

 

ターンオーバーのサイクルは年齢などによって個人差があるものですが、およそ28日間から56日間程掛かると言われています。

 

毛穴パックをターンオーバーのサイクルを無視して使用してしまうと、お肌が入れ替わる前にまた無理に角質などを剥がしてしまうことになるので、更に大きな負担がお肌に掛かる為注意が必要です。

 

必ず一気に剥がさずに、お肌の様子を見ながらゆっくりと剥がすようにしましょう。

リスクがあるパックは使用しないのが1番

 

いかがでしたか?

 

毛穴のパックは目に見えて角栓や汚れなどを除去することができることで多くの方が使用していますが、今回ご紹介したようにお肌にダメージを与えてしまう危険性があることをご理解頂けましたでしょうか。

 

溜まった汚れや開いた毛穴を一気に改善することはできません。ゆっくりと時間を掛けて丁寧にケアすることで、美しい毛穴へと生まれ変わっていくものです。

 

毛穴のケアをする際は、毛穴のパックのように危険があるものではなく家庭で簡単に本格的な毛穴のケアができる洗浄美顔器などを使用し、お肌を労わりながらケアするようにしましょう。