【毛穴開き注意報】毛穴の開きと女性ホルモンの関係

最近毛穴の開きが目立つ・・・

こんにちは!美容ライターのRです。女性が気になる美容事情について記事を書いています。

 

「最近毛穴が開いてきた気がする」「毛穴が黒ずんで見える」「鼻の頭に黒いポツポツが目立つ」

 

このようなお悩みを抱えている女性は非常に多いですよね。お肌を健康に美しく保つためにはなくてはならない毛穴ですが、毛穴の開きが目立ってしまうととても気になってしまいますよね。

 

毛穴がポツポツと目立ってしまうと保湿が足りないのかな、と思いますがスキンケアにいくら力を入れても改善しないということはありませんか?

実はそれ、女性ホルモンが低下しているサインかもしれないのです。

 

今回は意外と知られていない、毛穴と女性ホルモンの関係についてお伝えします。

女性ホルモンは大事なもの

 

 

私たち女性は恋をすると女性ホルモンが活発になると言われています。すると内面も外見も自然と潤い、美しいオーラを身にまとうことができますよね。

 

女性ホルモンが私たちのお肌や精神面に大きく影響があるということは分かっていても、実際に女性ホルモンを目視することができないのでなかなか実感がわかないものです。

 

私たちが毛穴美人になれるかどうかにも大きく関係している女性ホルモン。これから長く付き合っていく大切なホルモンですから、上手く付き合って美しい毛穴を手に入れたいですよね。

女性ホルモンの種類

女性ホルモンは、脳の視床下部という部分から指令がいき、分泌されます。卵巣から分泌される生理周期や妊娠と関係の深いエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンのことを言います。

エストロゲン

美肌ホルモンと言われるもので、生理の終わりごろから活発に増え、排卵前にピークに達します。ハリと潤いのある美肌にしてくれる効果がある、女性が美しさを保つために必要不可欠なホルモンです。

 

くびれのある身体を作り、男性を惹きつけ妊娠率を上げるためのホルモンとも呼ばれています。個人差がありますが、20代~40に分泌量のピークを迎えると言われています。

プロゲステロン

妊娠をサポートする役割のあるホルモンで、排卵後から生理が来る前の1週間がピークと言われています。お掃除ホルモンと呼ばれ、老廃物なども生理で一気に流してくれる働きがあります。

 

ホルモンバランスが乱れることによって過剰に分泌されると、皮脂やメラニン色素の量を増やし、シミや肌荒れなどのお肌のトラブルを招いてしまうことがあります。生理前にイライラしてしまいやすくなるPMS症候群の原因と言われています。

男性ホルモンが毛穴を開く

 

 

女性は初潮を迎えると女性ホルモンだけでなく男性ホルモンも増加します。20歳ころにホルモンの量はピークに達し、一旦低下しますが30歳ころになると再度増加します。そしてまた40歳後半になると低下すると言われています。

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を促進する作用があるので、毛穴を開く原因になります。

 

以前に比べてお仕事をする時間が長くなっている方が多い現代では、ホルモンバランスの乱れに悩まされている女性が多いようです。すぐにイライラしてしまうことや、攻撃的になってしまうということはありませんか?

 

本来であれば20歳を過ぎると男性ホルモンが低下し毛穴も閉じてくるのですが、社会の第一線で活躍している女性が増えていることで、バトルホルモンと言われる男性ホルモンが低下しにくくなってしまうのです。

 

毛穴の開きが気になるという方は、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが多くなってしまっているかもしれないのです。毛穴の開き以外にも大人ニキビなどのお肌のお悩みも女性ホルモンが不足していることが原因と考えられます。

【ホルモンバランスが乱れると・・・】

  • 皮脂が増え、毛穴が開く
  • ニキビや角質肥厚になる
  • お肌が敏感になり普段使っている化粧品が合わなくなる
  • 不安になりやすく落ち込みやすい
  • イライラしやすい
  • 太りやすい
  • 体調不良が続いている

こんな時にはホルモンバランスが乱れている可能性があるので注意しましょう。

ホルモンバランスの乱れはなぜ起こる?

毛穴が開く原因となるホルモンバランスの乱れですが、なぜ起こるのでしょうか。

そもそも男性よりも情緒が乱れやすいと言われている女性は、自律神経やホルモンバランスが乱れやすく、精神的なものが原因で毛穴が開きやすくなっていることがあります。

ストレスを感じることによって起こるホルモンバランスの乱れ

ストレスには、精神的なものと肉体的なものの2種類があります。

  • 対人関係によるもの
  • 日々の不満によって発生するもの
  • 気温の変化によるもの
  • 環境の変化によるもの
  • 睡眠不足によるもの
  • 体調不良によるもの

女性はストレスを感じ、ストレスを発散せずにいるとホルモンバランスが乱れてしまい、プロゲステロンという皮脂を分泌させる働きのあるホルモンが優位になってしまうと言われています。そのため皮脂が過剰に分泌され、毛穴の開きへと繋がってしまうのです。

生理によって起こるホルモンバランスの乱れ

生理前にニキビができやすくなってしまうことや、メイクのノリが悪くなってしまうことがあるという方は非常に多いのではないでしょうか。

 

女性は排卵日を迎え数日が経過すると生理がきます。排卵日を迎えると女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増え、皮脂が過剰に分泌されることによって毛穴が開きやすくなってしまうのです。

 

特に生理中や生理前にはストレスにも敏感になるためホルモンバランスが特に乱れやすくなり、皮脂が過剰に分泌されることもあります。

エストロゲンを増やして毛穴の開きを防ぎましょう

 

 

毛穴が開いてしまう原因は数多くあります。自分の身体や肌質、生活習慣を見直してみることも毛穴の開きを改善するために必要なことです。

 

女性ホルモンは目に見えるものではないので、なかなか実感しにくいですが毛穴が開かないようにするためにもエストロゲンを適正量に保つことが大切です。

 

女性ホルモンをコントロールしている視床下部は自律神経や感情によって左右されるものです。

女性ホルモンが減ってしまわないように、アロマテラピーを楽しんで息抜きしたり、身体を冷やさないようにして過ごしましょう。

 

毛穴が目立たないツルツルのお肌になって自信を付けましょう!