40代からの毛穴の開き。原因と対策は?

こんにちは、美容ライターのYです。

40歳を過ぎた頃から化粧のノリが悪くなって、毛穴も目立つようになってきた…というお悩みを抱えている方は多いのではないかと思います。

さらに20代、30代のときと比べると、その日の疲労などがお肌に現れやすくなる年でもなります。

 

このままで大丈夫なのだろうか…とどんどん不安になっていきますよね。

そこで今回は40代からの毛穴の開きの原因と、その解決法についてご紹介していきます。

40代の毛穴の開きの原因とは?

なぜ40代になると毛穴の開きが目立つようになるのでしょうか。

まずはその理由について解説していきます。

乾燥によるもの

今までお肌の乾燥なんて気にならなかった、という人でも40代になると女性ホルモンに変化が起こるため注意が必要です。

 

女性ホルモンは、20代半ばにピークが訪れ、30代後半から徐々に減少していき、40代になると急激に減っていきます。そのため、40歳を過ぎたあたりから肌質が変わってしまうことも十分に考えられるのです。

 

とはいえ、乾燥肌と毛穴の開きって関係があるの?と思われる方もいるかもしれません。確かにオイリー肌の場合は皮脂が詰まって…という風に想像しやすいですよね。

 

しかし、乾燥肌の場合も、皮脂は過剰に分泌されます。そもそも「乾燥肌」とはお肌に水分が足りていない状態のことを指します。そのためお肌が乾燥状態になると、ただでさえ少ない水分をこれ以上蒸発させまいと皮脂が分泌されてしまうのです。

 

その結果、オイリー肌の時と同じように皮脂の過剰分泌によって毛穴が広がっていってしまいます。

お肌のたるみによるもの

毛穴もお肌と同様にたるむのをご存知でしょうか??

 

年を重ねるにつれて、重力に逆らえなくなったお肌はどんどん下がっていってしまいますよね。それをそのままにしておくと、皮膚だけでなく毛穴もたるんでしまうのです。これは「たるみ毛穴」と呼ばれます。

 

たるみ毛穴の特徴としては、毛穴がしずく型になっていることと、2本の指で肌を引っ張ると毛穴が消えるということが挙げられます。

 

30代を過ぎたあたりから目立ち始めるため、注意が必要です。他にも、たるみ毛穴の原因はいくつか考えられます。

 

例えば、紫外線の浴びすぎによるものです。長年に渡って浴びた紫外線や加齢によってお肌の水分が少なくなると、お肌のハリがなくなって引っ張られやすくなってしまいます。

 

また、年を重ねるにつれお肌のハリをキープするコラーゲンなどの成分が減少していってしまうのも、たるみ毛穴を引き起こしています。

このように年齢による毛穴の開きの原因は様々です。

 

では、これらを防ぐためにはどのような対策を行っていけばいいのでしょうか??

毛穴の開きを防ぐためには

毛穴の開きの原因によって対策は異なりますが、代表的な方法を紹介していきます。

正しい洗顔をする

先程も説明した通り、毛穴が開いてしまう原因は皮脂によるものです。

この皮脂をしっかりと洗い流すためにも、洗顔は大切なのです。しかし、洗い過ぎは禁物。

 

1日に何回も洗っていると必要な油分まで流してしまうため、乾燥を招いてしまいます。洗顔の回数は1日1回でも十分ですが、多くとも朝晩の2回程度にしておきましょう。正しい洗顔のやり方は以下の通りです。

  1. 手を洗う
  2. ぬるま湯で顔を洗う
  3. しっかりと泡立てる
  4. 泡で優しく顔を洗う
  5. 流した後に、タオルで水分を抑える

まず、顔を洗う前には手を綺麗にしておきましょう。

 

なぜかと言うと、手に汚れがついたままでは洗顔料が泡立ちにくいですし、何よりもその雑菌が顔について肌荒れを起こしてしまう可能性もあるからです。

 

また、洗顔をする際はぬるま湯で行うようにしましょう。ぬるま湯という割には少し冷たいのでは、と思うかもしれませんが33℃前後がちょうど良いです。

 

その後は、泡がモコモコになるまで泡立てましょう。しっかりと泡立っていない状態でゴシゴシと肌を擦ると、肌トラブルを起こしかねないからです。

 

次に、Tゾーン(おでこ・鼻)、Uゾーン(頬・顎)、口・目の順番に、泡を優しく撫でるようにして洗顔を行っていきます。最後に洗い残しがないようにしっかりと洗い流し、タオルで水分を抑えます。

この時もゴシゴシと擦るのは避けましょう。

保湿を徹底して行う

先程も述べた通り、40代からは女性ホルモンの影響でお肌に変化が起こりやすくなります。

その結果、乾燥を招いてしまうことが多いため、保湿は徹底して行いましょう。

 

とはいえ特別にやることは特になく、気が付くまであまり保湿に力を入れてこなかったという方は、基本的なことから行えば問題ないでしょう。

 

これまで保湿を行ってきたという方はそのままで構いません。ただ、化粧水や乳液だけでは不安…という場合は、美容液などを+αで使うことをオススメします。繰り返すようですが、40歳を過ぎたら美肌をキープするためにも、とにかく保湿を怠らないようにしましょう。

生活リズムを整える

上記の他に、毛穴に悪い影響を与えるのが「乱れた生活習慣」です。

 

睡眠をきちんととれているか、食事のバランスは悪くないか、ストレスが溜まっていないかなども気にするようにしましょう。特に食べ物に関しては、栄養を意識しながら食事を摂ることで、女性ホルモンの乱れを改善することもできます。

 

また、睡眠時間が短かったりと規則正しい生活を送れていない場合、お肌のターンオーバーがうまくいかなくなってしまいます。ターンオーバーとは、簡単に言うと「皮膚の細胞が新しく生まれ変わること」です。

 

このターンオーバーがきちんと行われずに、お肌が正常に機能できないと、余計に肌トラブルを招いてしまい…という悪循環に陥ってしまいます。

 

そして、ストレスもまた毛穴トラブルの大敵です。なぜならば、人はストレスを感じると交感神経が発動してしまい、その結果ホルモンのバランスが乱れてしまうからです。

 

そのため、毛穴の開きに限らず肌トラブルが気になる…という場合は、食生活を見直す、夜更かしをしないようにする、ストレスを発散する方法を見つける、などして対策を行っていきましょう。

40代からでも遅くない!きちんとしたケアで毛穴の開きは改善できます

40歳を過ぎてから毛穴の開きが気になった場合の原因と解決法について説明させていただきました。

 

洗顔、保湿や生活習慣の見直しなど、やるべきことはそこまで難しいことではありません。大切なのは、気が付いたときから実行していくことです。

 

今日からのケアで、つるつるなお肌を目指しましょう。