今すぐやめて!毛穴をさらに開かせているNGスキンケア方法

毛穴の開きは肌トラブルの中でも、目立つし気になる部分ですよね。

そこで毛穴を引き締めようとスキンケアを頑張っている方も多いと思います。ですが、間違ったスキンケアで毛穴を余計開かせている可能性も…。

 

今回は毛穴を悪化させてしまうNGスキンケアをご紹介します。

毛穴がますます開くNGスキンケア

オイルクレンジングでマッサージ

メイクを落とす際にオイルを使うと、濃いメイクがしっかり落ち毛穴の汚れまで取れるような気がしませんか?ですが、オイルクレンジングでメイクを落としながらついでに鼻の毛穴などをマッサージする行為は逆効果だったのです。

 

クレンジングオイルは洗浄力が強く、マッサージオイルとは別物です。しっかりメイクも落とせるように添加物が入っているので、肌には刺激が強いのです。クレンジングはメイクを落とす目的だけに使用して、マッサージや肌をこする行為は同時に行わないようにいしましょう。

 

また、毛穴トラブルが起きている肌の状態は肌のバリア機能が低下し、いつもより敏感になっていることが考えられます。そんなときにクレンジングオイルでマッサージしてしまうと、余計に刺激を強く感じるので肌にはダメージが大きくなります。

お風呂で洗顔する際はシャワーで顔をすすぐ

お風呂に入りながら洗顔すると、ついついシャワーで顔をすすぎがちです。何気なくしているこの行為、実は肌に刺激となっているのです。

 

シャワーを顔に当てると、さっぱりとして気持ちよく毛穴の汚れまで落ちそうに思ってしまいます。ですが、シャワーの水圧は顔には強く毛穴を広げる原因にもつながるのです。また、熱めのお湯で顔にシャワーをすることも厳禁です。熱すぎるお湯は肌に必要な皮脂や油分を流し、乾燥させてしまいます。

 

洗顔は、シャワーを直接顔に当てるのではなく、ぬるま湯を手で含み顔を優しくすすぐことを常に意識しましょう。

毛穴をごしごしとこする

毛穴の開きの原因となる毛穴の角栓や詰まりを取るために、ゴシゴシ指で洗っていませんか?

 

毛穴の詰まりは、古い角質や汚れが皮脂と混ざり合ったものなので通常の洗顔ではどんなにこすっても落ちにくいのです。それどころかこすることで、ますます毛穴を詰まらせたり開いてしまうことにつながるのです。

 

毛穴は敏感な部分なので、強くこすると刺激を感じてしまいます。毛穴の汚れが気になる場合は、ピーリングや酵素洗顔を定期的に行って毛穴掃除をすることが効果的です。

 

洗顔で汚れをしっかりと落としたい場合は、こんにゃくスポンジやシルクのスポンジなどの優しい素材を使ったスポンジで優しく肌へすべらせて汚れを落としましょう。出来たばかりの角栓や黒ずみなどは、これだけで綺麗に落ちることがあります。

無理やり角栓や皮脂を取り除く

目に見える毛穴の詰まりや角栓は、指や手で押し出すとつるんと取れることがあります。ですが、これは一番やってはいけない行為なのです。

 

指や爪で毛穴を押し出すと、肌や毛穴を傷つける可能性があります。傷ついた部分は炎症し、細菌などが入り込みニキビや吹き出物が出来ることがあります。肌を傷つけることで乾燥につながり、過剰に皮脂を分泌させテカリやべたつきの原因にもなるのです。皮脂の分泌量が増えることで、毛穴が開いたり大きくなることもあります。

 

気になるからと言って毛穴を必要以上に触ったり、指や爪で押し出したりすることは絶対に避けましょう。

鼻の角栓ケアに毛穴パックを使用する

鼻の角栓や黒ずみが気になるときに使いたくなるのが毛穴パック。ですがこの毛穴パック、かなりの粘着力で角栓を無理やり引き抜いています。皆さんも毛穴パックを剥がすときに、中々取れなくて肌に痛みを感じたことはありませんか?

 

毛穴パックは肌を保湿し潤すために必要な皮脂や角質まで一緒に取り除いてしまうのです。必要な皮脂まで奪われた肌は乾燥を招いてしまいます。

 

毛穴パックは一度に沢山の角栓を根元からすっきり取り除きます。ですが、その後の毛穴はぽっかりと穴ができ、開いたままになってしまいます。毛穴パックを使った後は、開いた毛穴を引き締めるケアをしないと皮脂や角栓がまた詰まることになるのです。その繰り返しで毛穴はどんどん大きくなり目立ってしまいます。

シートパックを長時間放置する

乾燥した肌にハリや保湿を与えてくれるシートパックは手軽にできるスペシャルケアとしてとても人気があります。ですが、効果をもっと高めようと目安時間より長く放置していませんか?

 

シートパックを長時間放置すると、肌に与えたはずの保湿成分が再びシートパックに戻ってしまうのです。これではシートパックをしても保湿が足りずに肌が乾燥してしまいます。肌の乾燥は毛穴の開きの原因になります。

 

シートパックの効果を十分に感じるには、使用時間をしっかり守って顔にパックを長時間放置しないことが大切です。

ピーリングやスクラブ洗顔、ゴマージュ洗顔のし過ぎ

市販のピーリングジェルなどは、誰でも気軽に角質ケアが出来るので魅力的ですが、その手軽さからケアしすぎて毛穴や肌のトラブルを引き起こすことがあります。

 

毛穴の詰まりは古い角質や皮脂によって起こるので、ピーリングで肌のターンオーバーを促し美肌へ生まれ変わらせることが出来ます。ですが、間隔を空けずにピーリングを頻繁に行うと、必要な皮脂や角質まで取り除いてしまうのです。そうなると、肌は水分や油分が足りなくなり乾燥するどころか、敏感になり刺激を受けやすくなってしまいます。

 

また、ピーリングを受けた後の肌は紫外線の影響を受けやすいので、メラニン毛穴やシミやたるみの原因にもつながります。ピーリングの他にも、ゴマージュ洗顔やスクラブ洗顔も使用に気を付けましょう。

 

もちろん古い角質や毛穴の詰まりを取り除くのにピーリングは効果的ですが、使用頻度を間違えると肌はダメージを受け大変なことになってしまいます。ピーリングは週に1回を目安に行いましょう。また、肌荒れがひどいときや敏感になっているときは使用を控えましょう。

NGスキンケアに気を付けて美肌を目指しましょう

ご紹介したスキンケア方法は、うっかりやりがちなケアばかりなので皆さんも気を付けましょう。間違ったケアを続けていては、肌トラブルが改善しにくくなったり悪化してしまうことも考えられます。

 

綺麗な美肌は正しいスキンケアから!常に自分に合った正しいスキンケアを意識し、毛穴トラブルのない美肌を目指しましょう。