毛穴をなくすにはまず正しい洗顔を!NG洗顔方法8選

こんにちは!美容ライターOです。

私は毛穴の汚れが気になって昔から鏡と睨めっこをしていました。皆さんも毛穴についてのお悩みを一つくらいはお持ちではないですか?

 

毛穴をケアすると言えば、パックをしたり、たくさん保湿をしたりというスキンケア方法が思い浮かぶ方も多いかと思いますが、実は基本中の基本である洗顔が大変重要なスキンケアだということをご存知でしょうか。

 

いくら上質なケアをしていても、洗顔で躓いてしまうと台無しになってしまいます。これを機に、ご自身の洗顔方法を振り返り正しい洗顔方法ができているか確認しましょう。

 

正しい洗顔方法を知り、今日から正しい毛穴ケアを始めることができれば毛穴美人への近道になるでしょう。

ちょっと待って!!今すぐ辞めたいNG洗顔方法

あなたはいつも、どのように洗顔していますか?

過剰な毛穴のケアは、かえって毛穴の汚れを目立たせてしまうことになります。何気なく行っている洗顔が毛穴にダメージを与え、毛穴に汚れが溜まりやすくなったり毛穴を開かせてしまったりしているかも知れないのです。

 

肌トラブルを作ってしまうかもしれないNG洗顔方法は今すぐやめて、お肌の悩みを解決しましょう。

1.ゴシゴシと強くこする

顔を洗う時に力を入れて強くこすっていませんか?お肌は非常に薄くデリケートなものですので、こすってしまうと摩擦による負担でシワを作ってしまうことになります。

 

皮脂、角栓を取りたい気持ちは分かりますが、洗いすぎたり、ゴシゴシ強く洗っても毛穴の汚れは落ちません。毛穴の汚れが落ちない上にお肌が傷ついて、かえって毛穴が目立つ原因になってしまいます。

2.熱いお湯で洗う

お湯の温度が熱すぎると、本来お肌を健康に保つために必要な油分まで落としてしまうことになり、乾燥肌や油分が落ちすぎたことによるオイリー肌の原因を作ります。肌が乾燥することでシワの原因になってしまいますし、過剰に皮脂が分泌されれば毛穴を詰まらせる原因になります。

 

適温は32度と言われていますので、熱すぎてしまわないように温度をしっかりと確認しましょう。

3.冷たい水で洗う

 

逆に洗顔を冷たいお水で行うのもお肌に良くありません。毛穴が引き締まるから冷水が好き、という方も多いようですが、実は洗顔後にまた毛穴は開いてしまうので、冷水による毛穴の引き締め効果はあまり期待できません。

 

冷たいお水での洗顔は、血行が悪くなってしまうことによってお肌の老廃物が溜まりやすい状態になります。するとお肌に栄養や酸素が送られにくくなるので毛穴が詰まりやすい環境になり、お肌の回復機能も弱まるのです。

 

冷たいお水はお肌にとって刺激が強く、中には赤ら顔になってしまう方もいます。

 

特にクレンジングなど、メイクを落とすときに冷水で行ってしまうとお顔の油分が冷えて固まり、毛穴に汚れが残ってしまいやすくなります。するとせっかく付けている洗顔後の化粧水や乳液や美容液などの浸透が悪くなってしまい、付けても効果が出にくい状態になってしまいます。

4.シャワーを直接顔に当てる

シャワーヘッドから出るお湯をそのままお顔に直接当てているという方はいらっしゃいませんか?

 

気を付けないと意外とやってしまうことですが、実はシャワーの水圧はお肌にとって大きな負担となり、ダメージになっています。洗顔もとにかく優しく行うことが重要です。お顔を流すときには必ず一度手でお湯を救ってから優しくすすぐようにしましょう。

 

特に生え際などはすすぎ残しが多い所で、毛穴を詰まらせてしまうことが多いので注意しましょう。

5.しっかりと泡立てずに洗顔している

 

固形石鹸や洗顔料など、さまざまな種類の洗顔料が販売されていますがいずれもしっかりと泡立ててから使用する必要があります。

 

手のひらに取ってからすぐにお顔に乗せたり、簡単に泡立ててからすぐに使用してしまうと摩擦が大きくなりお肌を傷つけます。

 

清潔な泡立てネットや洗顔用の泡立て器を使用して、お肌に触れている感覚がないくらいしっかりとした泡を作ってから洗顔するように心がけましょう。手ではなくきめ細かい弾力のある泡で洗顔すれば、力をいれる必要もなくお肌への摩擦が軽減し、お肌の負担が無くキメが整いやすくなります。

 

洗顔に使用する泡の理想の状態は、手の上に乗せた泡が手のひらを逆さまにしても落ちないくらいに弾力があり、キメが細かい状態です。手のひらから落ちてしまうようでは泡立て不足ですので、しっかりと泡立てましょう。

6.タオルでゴシゴシ拭く

洗顔もたっぷりの泡で行うことが重要ですが、洗顔後にタオルでお顔をふき取る際にも摩擦には注意が必要です。たっぷりの泡で優しく洗ってもタオルでゴシゴシと摩擦を掛けてしまっては意味がありません。こすらずにポンポンと軽くあてるようにして優しくふき取りましょう。

7.1日に何度も洗顔する

 

顔の油分が気になってしまう方に特に多いのですが、1日に何度も顔を洗うという方がいらっしゃいますが、洗いすぎてしまってはテカリを防ぐどころか悪化させてしまいます。

 

洗顔によって乾燥するのを防ぐために皮脂が過剰に分泌されているので、悪循環に陥ります。皮脂が過剰に分泌されれば毛穴が詰まりやすくなります。テカリが気になるとからと言って洗顔で油分を落とすのは絶対にやめましょう。

 

どうしても洗顔したいという場合でも、洗顔料を使用するのは1日に2回までに抑え、お肌の潤いを保つために必要な油分まで洗い流さないようにしましょう。

8.洗顔前に手を洗っていない

洗顔前に手を洗っていますか?

 

手が汚れてしまっている状態で洗顔をしてしまうと、手に付いている汚れをお顔に付けてしまうことになります。まずは手のひらを洗い清潔にし、顔全体も軽くすすいで予め落とすことができる汚れは落としておきます。

正しい洗顔で毛穴ケア

 

いかがでしたか?ご自身に当てはまるNG習慣はありましたか?

 

今まで何気なく行っていることが、実は毛穴にとってもお肌にとっても負担になっていたかもしれないのです。今まで毛穴ケアアイテムを使っても効果が出なかったという方は、もしかしたら洗顔方法から見直す必要があるかもしれません。スキンケアの基本である洗顔を見直し、まずは毛穴ケアを行うことができるお肌を作りましょう。