【予防・対策】毛穴の汚れ、詰まりの解決方法8選

毛穴に詰まっている汚れ

こんにちは。美容研究家のAです。

毛穴の汚れが昔から気になっていた私は、鏡を見るたびにこの汚れの正体は一体何なのだろう?とずっと考えていました。

 

毛穴に詰まる角栓と呼ばれるものですが、実は皮脂が主成分ではなく70%が古い角質でたんぱく質なのだそうです。その為クレンジングオイルでしつこくマッサージしたり、強い力を加えても皮膚を傷つけるだけで根本的な解決にはなりません。

 

万が一角質層に傷がついてしまうと、お肌の自己防衛反応によって更に角質を生む出すようになってしまい余計に毛穴が詰まりやすくなってしまうので注意しましょう。

 

必要なのはお肌を傷付けずに毛穴を詰まらせている不要な角質を取り除き、不要な角質を生み出す原因を排除することです。毛穴の汚れを取り除き、ツルツルなお鼻を手に入れましょう。

 

今回は私が今まで行ってきた毛穴の汚れ、詰まりの解決方法8選をお伝えします。

1.クレンジングや洗顔時に肌をこすらないようにする

お肌はターンオーバーという古い角質細胞が表面に押し出され、自然に剥がれ落ちていくという仕組みを持っています。ターンオーバーが乱れることによって肌が荒れたり、毛穴の黒ずみや角栓の詰まりなどのトラブルが起こりやすくなります。

 

角質層はわずか0.02mmという薄い層でできています。少しの刺激でバリア機能が壊れ保湿成分は損なわれてしまうのです。お肌をこするという行為は正常なターンオーバーを妨害してしまう可能性があります。

 

特に洗顔中や入浴中に顔が濡れている状態のときは角質が水分を吸ってふやけるのでとくに傷がつきやすくなります。タオルで拭くときも含めて、優しい力で行いましょう。

2.洗顔時に洗顔ブラシなどは使用しない

洗顔ブラシは洗い残しもなくなりそうで毛穴黒ずみ対策には有効かと思いやすいですが、使い始めは特に使い慣れていないこともあり痛みを感じる方もいらっしゃるようです。手で洗うより刺激が強いからです。

 

ブラシは力加減も難しく、さらに使い捨てではない為毎日のお手入れや保管方法に注意しないと雑菌が繁殖し顔に雑菌を塗ってしまうことになります。

 

ブラシの当て方によってはお肌に負担が掛かってしまうのでお手入れも簡単な泡立てネットを使用しきめ細やかなたっぷりの泡を作り、その泡だけが触れる程度の力で洗顔するのが毛穴のケアには最も効果的です。

3.クレンジングや洗顔は短時間にする

もちろんメイクはお肌に残ってしまうとターンオーバーを妨げてしまう原因にもなりますのでその日のうちに落とさなければなりません。メイク道具には油分が含まれている為、クレンジングや洗顔をすることは必要ですがクレンジングや洗顔を長時間行うとお肌に負担が掛かってしまいます。

 

健康なお肌の状態では、雑菌などから守るための水分バリア機能があり、皮脂がその機能を担っているのですがクレンジングや洗顔などで必要な皮脂も一緒に落としてしまうことになります。すると乾燥しやすくなり、抵抗力まで低下してしまい、毛穴が開く原因になり汚れも更に溜まりやすくなります。

 

メイクをしていない日はクレンジングをお休みし、洗顔やクレンジングに掛ける時間はそれぞれ40秒程度に収めましょう。

4.熱すぎるお湯で洗顔しない

日頃洗顔するときのお湯の温度に気を付けていますか?少し熱いと感じてもまあいいか、とそのままお肌に掛けてしまっていませんか?実はそれも毛穴の汚れやつまりを生む原因になっているかも知れません。

 

熱いお湯を使用して洗顔すると、皮脂を落としやすくなりますが必要な皮脂まで失ってしまうのです。洗顔の目的は余分な皮脂や汚れを落とし、肌の水分や油分のバランスを適切な状態にすることです。熱いお湯は毛穴の開きや汚れが目立つだけでなく乾燥しデリケートなお肌を招きます。

 

毛穴の美しさにも関わる重要な保湿成分まで落ちてしまわないように温度管理も徹底的に行いましょう。
適切なのは32度と言われています。

5.しっかり保湿する

毛穴の汚れや詰まりが目立つ時には、皮脂が過剰に出過ぎていると勘違いしやすいですが、そもそもお肌が乾燥していることが原因であることが多いのです。

 

本来お肌のターンオーバーによって皮脂や汗、などの汚れも自然とお肌の表面に排出されますので、少しの汚れが溜まったくらいでは毛穴が黒ずむことはありません。しかし皮脂の分泌量が低下すると毛穴の汚れを自力で押し出すことができなくなってしまいます。

 

お肌の水分をしっかり保つことが毛穴を目立たせなくする方法なのです。乳液やクリームをたっぷりと付けるのではなく、ヒアルロン酸やビタミン誘導体などが入った化粧水をたっぷり使用しましょう。

 

手のひらを使ってお顔を軽く包み込むようにすると浸透しやすくなります。シートパックなども定期的にしようすると更に効果的です。

6.紫外線対策をしっかり行う

紫外線はシミやそばかすの原因になるということはご存知の方も多いでしょう。しかし紫外線は毛穴のトラブルも招いていたのです。

 

紫外線は皮脂の酸化を促進します。そして酸化することによって皮脂が過酸化脂質へと変化し、ターンオーバーのサイクルをも乱してしまいます。すると角化が過剰に進行し、角質肥厚を起こして毛穴の周辺が盛り上がった状態になってしまい毛穴が開いてしまいます。更に紫外線はお肌のバリア機能も低下させますので乾燥も進行し毛穴が目立ってしまいます。

 

お鼻は特に紫外線が当たりやすいので要注意です。日頃から紫外線対策は抜かりなく行うようにしましょう。

7.ターンオーバーを乱す生活習慣を改める

睡眠不足やバランスの悪い食事などはターンオーバーのリズムを乱してしまいます。

 

お肌のゴールデンタイムと呼ばれる午後10時から午前2時までの間には寝るようにし、枕カバーやシーツなどは清潔な状態に保ちましょう。

 

食生活は炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルの5大要素をバランス良く摂るようにしましょう。

8.ストレスを溜めない

いくらお肌に気を遣っていても毛穴が綺麗にならないという方は、ストレスが溜まっているせいでお肌の調子が整っていないことが原因かもしれません。ストレスを溜めてしまうと脳の交感神経が興奮しホルモンバランスをも乱します。ホルモンバランスが乱れると皮脂の過剰分泌やお肌の乾燥を招きます。

 

日々のストレスを溜めないように趣味に打ち込んだり、好きな事をするということは毛穴のケアにも繋がるのです。

お肌を労わることが毛穴ケアに繋がる

洗顔やクレンジング、お肌の為を思ってしていることがむしろお肌の負担になっているということもあるのですね。とにかくお肌をケアするときは、優しい力で行うことが重要で、日々の積み重ねによって綺麗な毛穴になっていくということです。

 

今まで気を付けていなかった項目があった方は今日から気を付けてみませんか。私は美しい毛穴を目指して、これからも美容の研究を続けていきたいと思います。