毛穴の角栓を押し出すのがNGな理由!美しい毛穴に導く生活習慣とは

こんにんちは。毛穴研究員のいちごです。

鏡を見るたびについつい気になってしまう毛穴の汚れ。私自身も毛穴の黒ずみが気になって、指や爪を駆使して毛穴の角栓を無理やり押し出していた時期もありました。

しかし無理に押し出すことは思っている以上に自分自身の肌をいじめ、毛穴に負担を掛け、毛穴美人への道から外れていたことに気づきました。毛穴研究員になってからは正しい生活習慣を心がけ、毛穴のケアを続けています。昔の私のように毛穴の角栓を無理に押し出すことを続けているという方を一人でも減らしたい、そんな思いで記事を書いています。

毛穴のトラブルや肌の乾燥を招き、取り返しのつかない肌質になってしまうこともある”角栓を押し出すという危険行為”はおすすめできません。

そこで今回は毛穴の角栓をなぜ押し出してはいけないのか、そして毛穴を傷つけずに毛穴の詰まりを改善できるような正しい生活習慣をお伝えしたいと思います。

角栓の正体と役割

 

「角栓なんてなければいいのに・・・」何度そう思ったことでしょう。ただでさえ気になる毛穴が更に目立ってしまうので、何とかして角栓を取り除きたくなりますよね。

角栓とは、顔の毛穴の中に詰まっている角質や皮脂です。ニキビの原因にもなってしまう角栓ですが、実は毛穴を外部からやってくる細菌などから守ってくれているという重要な役割を果たしています。角栓がなくなってしまえば良いという訳ではなく、毛穴が目立ってしまう程に角質や皮脂が溜まってしまい大きくなってしまうということが悩みの種なのです。

毛穴を外部の細菌などから守ってくれている角栓を取ってしまえば、もちろんお肌に細菌が侵入しやすくなり、毛穴の炎症やニキビなどのさまざまなお肌のトラブルを招くことになります。

角栓を無理に取ってしまうと・・・

本来角栓は、古くなった角質や皮脂が少量ずつ蓄積し、皮膚のターンオーバーによって自然に剥がれ落ち、次第に取れてていくものです。そのターンオーバーの自然なサイクルに任せずに、自分自身の爪や指で無理やり取り除いてしまうと皮膚が敏感に働き、新しい角質や皮脂を過剰に作り出してしまうのです。

無理やり角栓を取り除く前よりも、更に大きな角栓を作ることになり悪循環が生まれていきます。

そしてさらに、大きくなった角栓を再度ご自身の手で取り除いてしまうとまた皮膚が敏感に反応し、角質や皮脂を過剰に生成するというサイクルが出来上がってしまうのです。

この悪循環を続けてしまうことによって、角栓はどんどん大きくなっていき、自然に行われていたターンオーバーでは排出することができないような角栓ができてしまうことになります。

一時的にすっきりしても意味がありません

 

鼻や額や頬などの毛穴が目立つところは、特に気になってお肌が赤くなってしまうまで爪を立てて取り除こうとしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

毛穴に溜まった角栓を爪や指で押し出すと、毛穴の中から白い角栓がニョロっとでてきますよね。中には毛穴から少し浮いているような角栓もあり、爪でひっかいてみるとぽろっと角栓が取れるなんてこともあります。

確かに毛穴から角栓を絞り出したその時は、角栓が取れることによって一時的にすっきりとして綺麗になったように感じるかもしれません。しかし、かえってお肌の凸凹が目立ってしまうような肌質になってしまうかもしれないのです。

角栓を押し出した後の毛穴は、開ききった状態になるのですぐに汚れが溜まってしまう可能性があります。そして押し出すということは、力を使っているので毛穴やお肌を傷つけ、繰り返し何度も行うことによってシミのように痕に残ってしまうこともあります。

毛穴が傷付きお肌がダメージを受けてしまうと、美しい毛穴になるのに時間が掛かってしまうことになります。

爪には常在菌がいます

指で角栓を押し出す方もいれば、爪を立てて角栓を押し出す方もいらっしゃいます。しかし爪には常在菌が存在していますので毛穴から菌が入り込んでしまい炎症を起こしてしまう可能性があるのです。

毛穴の汚れを取ろうと爪を立てて角栓を押し出した後に、お肌が赤くなったり痛みを感じたり、毛穴が化膿してしまったという経験がある方は特に注意しましょう。

一気に無理に角栓を押し出そうとするのではなく、徐々に綺麗にしていくという気持ちが大切なのです。

角栓を押し出してしまい角栓が大きくなってしまった時は・・・

 

いままで毛穴の角栓を押し出す癖があり、すでに角栓が大きくなってしまったという方も多いのではないでしょうか。

角栓を小さくするためには徐々にケアしていく必要があります。生活習慣と正しいケア方法で毛穴の汚れを少しずつ解消しましょう。

食事

脂っぽい食事は、皮脂を過剰に作り出す大きな原因になります。脂肪分の少ない野菜中心の食生活に切り替えると良いでしょう。

睡眠

午後10時~午前2時までの4時間はお肌のゴールデンタイムと呼ばれており、皮膚のターンオーバーが最も活発に進む時間帯です。お仕事や家事などに追われて22時に睡眠を開始するのはなかなか難しいですが、夜更かしは避け、なるべく早い時間帯から十分な睡眠を摂るように心がけましょう。

運動

適度な運動を定期的に取り入れることによって、皮膚の新陳代謝も上がりストレス解消効果も期待できます。運動不足では、代謝も下がってしまうので汗を流すようにしましょう。ストレスが溜まった状態ではホルモンバランスを崩し、皮膚のターンオーバーを妨害することもあるので、好きな事をしてストレスを発散することも毛穴のケアに繋がります。

角栓は徐々に解消するのが毛穴美人への近道

 

いかがでしたか?

今までは毛穴の角栓を無理やり押し出していたという方も、ついつい毛穴を触ったり引っかいたりしていたという方も、これからはお肌に負担にならないようにしていきたいものです。

この先ずっと付き合っていく毛穴のことを本気で考えるのであれば、毛穴を無理に押し出すのではなく、徐々に毛穴に汚れが溜まりにくいお肌を作ることが大切ということですね。

外食が多い方や睡眠、運動不足の方は美しい毛穴になるためにも適切に取り入れて毛穴をケアしましょう。

現状毛穴がダメージを負っていると感じる方は、皮膚科に相談しましょう。