毛穴トラブルの悪化にご用心!間違ったNG毛穴ケア7選

こんにちは。毛穴研究員のいちごです。

 

私は毛穴の黒ずみやぽつぽつとした角栓が悩みで、毛穴のケアの研究を始めました!独自の研究を続けた結果、毛穴について色々分かったことがあります。そんな私が毛穴のお悩みについて色々お話しします!

 

今回は、毛穴トラブルを悪化させる恐れがある間違った毛穴ケアについてです。

 

毛穴をキレイにするためのスキンケアが、毛穴トラブルを悪化させてしまうなんてとても悲しいですよね。もし今回ご紹介する毛穴ケアを現在も行っているという方は注意しましょう。

 

それでは、間違ったNGケアをご紹介していきます。

爪や指で角栓を押し出す

最もやってしまいがちなNGケアは、爪や指で無理やり角栓を押し出す行為です。

 

指で毛穴を押し出すと、角栓がポロっと取れることがあるので、癖になって角栓を押し出してしまうこともあるでしょう。角栓を押し出した後の毛穴は中の汚れが取れたように感じてキレイに見えますよね。

 

ですが、この行為はデリケートな毛穴にとって非常に危険な行為です!

 

実は指や爪には目に見えない細菌が沢山付着しています。その細菌が皮膚に移り毛穴に入り込むと、そこから炎症を起こしニキビや肌荒れに繋がる場合があるのです。

 

また、爪を立てることによって毛穴の周りの皮膚に傷がついてしまいます。無理に押し出すことによって毛穴がどんどん開いてしまう場合もあるため、角栓を指や爪で押し出す行為は絶対に止めてくださいね。

肌をゴシゴシ洗う

毛穴の黒ずみや角栓が目立ってしまうと、気になってついつい肌を擦り洗いしてしまいますよね。

 

洗顔やクレンジングの際に肌を擦って洗うと、摩擦が起こり肌に非常に大きな負担が掛かります。また、毛穴をゴシゴシと擦ることによって、毛穴の汚れがどんどん毛穴の奥まで入り込み、角栓や黒ずみが余計に取れにくくなる場合もあります。

 

肌は思っている以上にデリケートですので絶対に擦らないように注意しましょう。

 

顔だけではなく、体を洗う時も同じです!背中やデコルテなどのニキビにつながるので、体を洗う時も擦らずにたっぷりの泡で優しく洗いましょう。

スクラブ洗顔のやり過ぎ

スクラブ洗顔は、毛穴の汚れや角栓をすぐに取り除いてくれるアイテムだと考えている方がいます。

 

しかし、毛穴はとても小さいので、スクラブの粒が毛穴に入り込んで汚れを落とすことは難しく、即効性は期待できません。適切な頻度で正しく使用することによって徐々に毛穴の目立たないお肌に導いてくれます。毛穴の汚れが取れないからといってスクラブ洗顔で肌を強く擦ってしまったり、高頻度で使用することで刺激になり肌がどんどん乾燥してごわついてしまう原因になります

 

肌が硬くなると、手触りが悪くなるだけではなく、角質がどんどん厚くなって毛穴トラブルの悪化につながってしまうのです。

 

毛穴の詰まりが気になるときは、スクラブ洗顔を決められた頻度で正しく使用し、肌に負担を掛けないようにしましょう。

クレンジングオイルでマッサージ

メイクをしっかり落とすためにオイルタイプのクレンジング剤を使用している方は多いでしょう。

 

しかし、オイルタイプのクレンジング剤は、肌馴染みを良くするために界面活性剤が含まれているものが多くあります。界面活性剤は肌にとって刺激となるため、毛穴トラブルを悪化させてしまう恐れがあります。ご自身が使用しているアイテムに界面活性剤が含まれていないか確認しましょう。

 

また、クレンジングオイルでメイクを落としながらフェイスマッサージをしている方がいますが、これはNG行為です!

 

刺激の強いクレンジングオイルを肌の上に長時間乗せることで、肌に負担を掛けてしまいます。毛穴を余計に詰まらせてしまう場合もあるため、クレンジングはなるべく手早く行いましょう。

 

毛穴の詰まりが気になるときは、オイルタイプよりも肌に優しいミルクタイプやジェルタイプなどを使うようにしましょう。

ピンセットで角栓を取り除く

ピンセットや毛抜きを使用して毛穴から見える角栓を取り除いている方も要注意です。

 

毛穴から見える汚れは気になるので、ついついピンセットで抜きたい衝動に駆られてしまいますよね。実はこの行為も、肌や毛穴を傷つけるNGケアの一つなのです。

 

ピンセットは先が細くとがっているため、何度も毛穴に触れることで、目に見えない細かい傷がついてしまう可能性があります。その傷に雑菌が付着し、炎症を起こして毛穴トラブルを引き起こす場合もあります。

 

また、ピンセットそのものに雑菌がついていると、より毛穴トラブルが起こりやすくなるでしょう。

 

毛穴を大きく広げてしまう恐れもあるため、毛穴をピンセットで必要以上に触って角栓を取り除くことは絶対に止めましょう。

毛穴パックの使用

毛穴の角栓を一度でごっそり取り除く毛穴パックは、発売してからロングセラーを続けていますよね。

 

角栓が取れるのが目に見えるので爽快感があって病みつきになりますが、毛穴を傷つけてしまう可能性が高いのです。

 

皮膚に貼って剥がすパックは、毛穴に詰まった角栓のほかにも、新しい角質まで無理やり剥がしてしまう場合もあります。また、パックを剥がすときの刺激によって、毛穴周りが傷付いてしまうこともあるでしょう。

 

さらに、毛穴から角栓を取り除いた後は、毛穴をしっかり引き締めるケアをしなくてはなりません。毛穴をそのまま開いたままにすると再び汚れが詰まり、角栓が出来てしまいます。それを繰り返すことで毛穴はどんどん大きく開いてしまうのです。

 

毛穴パックは、使用後もしっかりケアをしなくては毛穴トラブルの悪化につながってしまいます。毛穴パックは、上手に使わないとリスクが多いので注意しましょう。

熱すぎるお湯での洗顔

洗顔やクレンジングするときに、ぬるま湯ではなく熱めのお湯ですすいでいる方はいませんか?

 

熱いお湯は、肌にとって大きな刺激となってしまいます。毛穴が驚いて大きく開いてしまう可能性があるので、洗顔やクレンジングのすすぎは、30~35℃程度のぬるま湯で行うようにしましょう!

 

おすすめは、ぬるま湯で25回すすいだあとにさらに5回、冷水ですすぐ方法です。

 

肌や毛穴が冷水によって引き締まるので、毛穴の開きが気になる方におすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?

 

毛穴をキレイにしたいと思うばかりに無理なケアをしていませんか?ご紹介したケア方法は、どれも毛穴トラブルの悪化につながるNGケアです。

 

毛穴がキレイに引き締まるどころか、どんどん皮脂が増え、汚れが詰まる恐れがあります。また、毛穴の開きの悪化にもつながるでしょう。

 

毛穴はデリケートなので、優しく丁寧にケアすることが大切です。正しいケアを続けて、ハリのあるキメ細かい美肌を手に入れましょう!