毛穴の詰まりを根こそぎ取り除く!究極の美顔洗顔法とは?

みなさんこんにちは!美毛穴同好会のJです。

 

どうすれば毛穴に詰まった角栓をお手入れすれば良いのか分からず、日々模索しているという方も多いのではないでしょうか。

角栓があると毛穴が目立ってしまうので気になりますよね。

私は、毛穴の詰まりに長年悩み続け、どうすればキレイな毛穴を保つことができるのか研究しています。

 

毛穴が目立つからと言って自分で無理に取り除こうとすると、かえってお肌を傷つけてしまい余計に毛穴を目立たせてしまう結果になってしまいます。

 

クレンジングや洗顔で取り除いても、何度も悩まされてしまうことになる毛穴の詰まり。至近距離で見られるのが苦手という方も、これを機に、近距離も怖くない毛穴美人を目指しましょう。

 

今回は、気になる毛穴の詰まりに二度と悩まされることがないように、究極の洗顔法についてご紹介します。ご紹介する洗顔法をマスターして、キレイな美毛穴を手に入れましょう!

毛穴の詰まりの原因

まずは、毛穴の詰まりの原因についてご紹介します。

 

毛穴は、皮脂や古い角質のほかにも、空気中のホコリやファンデーションなどのメイク汚れもが詰まり、角栓となります。どんなに汚れを洗い流したつもりでも、毛穴に入り込んでしまった角栓は、すぐには取り除くことができません。

 

さらに、ケアせずにそのまま放置すると、大人ニキビなどの肌トラブルにつながることもあります。

 

毛穴の黒ずみは、毛穴の角栓が放置されることで酸化し、変色した状態です。中身は白い角栓と一緒なので、角栓と同じようなケアで改善することができます。

毛穴詰まりを取り除く究極の洗顔法

毛穴の詰まりを取り除くには、毛穴悩みに合った洗顔料を選ぶことから始めましょう。

毛穴の詰まりが気になる肌には、酵素洗顔料やクレイ洗顔料がおすすめです。

酵素洗顔

酵素洗顔は、酵素が入った洗顔料が毛穴の黒ずみや角栓を溶かし、汚れを取り除いてくれます。

 

酵素には、タンパク質を分解する働きがあるので、毛穴の詰まりの原因である角栓を溶かして改善します。肌表面に残った古い角質や、毛穴を詰まらせる角栓は、ほとんどがタンパク質で出来ていると言われています。

 

1週間に1、2回、酵素洗顔をすることで毛穴の詰まりが解消していくでしょう。

 

酵素洗顔料は、よく泡立てて使用することで、肌に刺激を与えずに汚れを落としてくれます。泡立てるのが苦手という方は、洗顔ネットなどを使用し、出来るだけキメ細かい泡を作りましょう。

クレイ洗顔

クレイとは、泥のことであり、大地のミネラルが豊富に含まれているのが特徴です。クレイには火山灰や海泥など様々な種類がありますが、ほとんどが粒子が細かく、マイナスイオンを帯びています。

 

このような特徴は、毛穴の詰まりになる汚れや酸化した皮脂、古い角質などを磁石のように吸着し、キレイに取り除いてくれます。

 

クレイ洗顔料の特徴とその効果は以下の通りです。

 

  • レッドクレイ(火山灰):赤茶色で鉄分や脂質を多く含む、普通肌におすすめ
  • グリーンクレイ:洗浄力が高く、殺菌効果がある、オイリー肌におすすめ
  • ホワイトクレイ:マイルドに汚れを落とす、敏感肌におすすめ
  • 海泥:粒子に無数の穴が開いていて、汚れをしっかりからめとる、毛穴の詰まりやくすみ肌におすすめ
  • ガスール:ミネラルが多く、汚れを吸着する力が強い、毛穴の詰まりやくすみ肌におすすめ

毛穴の詰まりを取り除く正しい洗顔法

洗顔の前に、肌を温めることで毛穴の汚れが落としやすくなります。

 

洗顔前に蒸しタオルを使ったパックをします。毛穴を開かせることで、洗顔中に毛穴の角栓を取り除きやすくなります。

 

濡らしたタオルを電子レンジで1分ほど温めて蒸しタオルを作って、毛穴の黒ずみや角栓が気になる部分に乗せ、毛穴をじんわり温めて開かせます。

 

メイクを落とす前にも、蒸しタオルでパックすると、毛穴に詰まったファンデーションやチークなどを綺麗に落としてくれます。

正しい洗顔法のポイント

それでは、正しい洗顔法を覚えて、毛穴の詰まりを取り除きましょう。肌に刺激を与えないシンプルな洗顔法が、毛穴の汚れをしっかりと落としてくれます。

洗顔前に手を洗う

ご存知の通り、手には目には見えない汚れや細菌が沢山付着しています。

 

手が汚れたままの状態では上手く泡立てることが出来なかったり、手についた雑菌が肌について肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。

 

洗顔前は、まずはしっかりと手を洗い、指先まで清潔な状態にしましょう。

ぬるま湯で顔を濡らす

顔に泡をつける前に、まずはぬるま湯で顔を濡らします。そうすることで、汚れが落としやすくなるだけではなく、洗顔料が泡立ちやすくなるのです。

洗顔料をしっかりと泡立てる

洗顔料は、モコモコとキメ細かい泡になるまで泡立てましょう。

 

あまり泡立っていないゆるい状態でゴシゴシこすると、肌にとって刺激となり、ダメージを与えてしまいます。

たっぷりの泡で転がすように洗う

泡が出来たら、顔にたっぷり泡をのせて洗いましょう。

 

その際、皮脂が気になるTゾーン(おでこ・鼻)から洗いはじめましょう。おでこにたっぷりと泡をつけたら、こめかみまで広く洗い、その後に鼻に泡をつけて優しくクルクルと円を描くように洗います。

 

次はUゾーンと呼ばれる頬と顎を洗いましょう。Uゾーンは、Tゾーンより皮脂分泌が少ないため、撫でるようにソフトに洗うだけで大丈夫です。

 

最後に、口や目の周りのデリケートな部分を洗います。口や目の周りは皮膚が薄いので、泡はのせる程度にしておきましょう。

 

どれも、泡でこすろうとせずに泡のクッションを転がすイメージで洗いましょう。

ぬるま湯&冷水で30回以上すすぐ

最後は、泡の流し忘れが無いように、30回以上顔をすすぎます。このときもこすったりせずに、優しくすすぎましょう。

 

ぬるま湯で25回すすいだあと、さらに冷水で5回すすぐと、開いた毛穴がキュッと引き締まります。

終わりに

いかがでしたか?

毛穴の詰まりは、意外とシンプルな方法でキレイに取り除くことができるのです。

 

また、自分の毛穴悩みや肌タイプに合った洗顔料を選ぶことも大切です。毎日の洗顔に気を付けて、キメ細かい美肌を目指しましょう。

 

正しい洗顔法を続けていれば、きっと毛穴の引き締まった美肌になりますよ!